埼玉県本庄市・東京の生命保険の相談なら山田さん

私にしてくれたように、たくさんの人のことを助けてあげてね

こんにちは。第一生命の山田章記子です。

今日はなぜ私が「病気や怪我をされた方のところへかけつける仕事をしているのか」を聞いてください。

それは、私の大切なひとりのお客様、りんちゃんの言葉にあります。

りんちゃんの言葉を聞くまでは、私の仕事は保険のご契約をいただき、病気やケガをされた時に給付金等のお手続きをすることだと思っていました。

そして私は、保険会社に勤務し三回目の育休を取得中、主婦として過ごしているうちに
保険の必要性を見失いかけていた時がありました。

子宮頸癌と診断。当時34歳

りんちゃんは保険に加入されていましたが、一時期お金がなく、保険を継続されることに悩まれていました。

「病気一つしたことないし、しばらく保険は・・なくてもいいかなぁ・・・。」

その時、私も一緒に考えさせていただいて、りんちゃんはそのままご継続されることになりました。

それからわずか半年ほどのことです。

りんちゃんは体調に異変を感じ、ご友人の強いすすめで病院に行かれたところ、

子宮頸癌と診断されました。当時34歳のことでした。

あの元気な、りんちゃんが…

当時の私は、お客様に対して

「子宮頸癌のステージ1は早期発見すれば5年生存率は98%です。
だから早期発見が大切です。大丈夫です。」

と簡単に話してきてしまっていました。

ですが、この時「ステージ1でも2%の方は亡くなるかもしれない…。」と、

気づいてしまいました。あってはいけないことですが

「あの元気な、りんちゃんが…!?」

ということが頭をよぎり、ショックで何もできませんでした。

何が大丈夫なの?あなたに何がわかるの?

あまりに落ち込んでいる私に、「大丈夫だよ」と声をかけてくれる同僚達もいましたが、

「何が大丈夫なの?あなたに何がわかるの?」と思ったこともありました。

そんな中、私は「今は落ち込んでいる場合ではない、何かできることがあるはず」と。

本やネットで子宮を残して手術してくれる病院や先生を一生懸命探しました。

結果的にりんちゃんは良い先生と巡り会うことができ、

初期の癌だったこともあり、治療は一泊二日の入院手術ですみました。

しかし、癌に罹患したショックは計り知れず、しばらく療養するため、

お仕事をやめ実家に戻られました。

何もしなくても、ただ歩いているだけで涙が出てくることがある

あれから5年。

今はすっかり元気を取り戻し、一人暮らしも始め、以前にも増してハツラツとお仕事をされています

病気をされた時、りんちゃんは私にこう言いました。

「何もしなくても、ただ歩いているだけで涙が出てくることがある。

なんで私なんだろう・・・。

私はママになれないのかな・・・。

再発したらどうしよう・・・。

こわい・・・。こわい・・・。

それって生きていく意味あるのかな?

ストレスが一番よくないっていうから常に前向きでいるように心がけているのに、ふいに真っ暗になる。

実家に戻ったとはいえ、携帯代もかかるし、生活費もかかる。

ストレス解消に出かけるにもお金がかかる。

正直、保険金がなかったら、これからの人生、治療費を稼ぐために生きていかなきゃいけないのかな・・・。

それって生きていく意味あるのかな?

死んだほうが・・・・・ってきっとなってた。

保険は治療費のためなのは当たり前で、むしろそれ以上に治療中の生活費や、


なによりお金の心配をしないで安心して療養することができる。

こんなにも精神的に自分のことを支えてくれるものなんだ!と初めて思った。

あの時保険をやめていたらと思うと・・・ぞっとする・・・。

「保険のことを何にも分かってなかった私に、あき、あのとき保険を勧めてくれて本当にありがとう!

そして保険をやめようかなと思ったとき、本音で相談にのってくれて本当に、本当にありがとう!

あの時保険をやめていたらと思うと・・・ぞっとする・・・。

あき、これからも私にしてくれたようにたくさんの人のことを助けてあげてね。」

りんちゃんからの、その言葉にどれほど救われたことか分かりません。

りんちゃんには、これからも前向きに、毎日を笑顔で、人生を楽しんでほしいと心から願っています。

私の仕事は

私はこの出来事があった時以来、私の仕事は単に「保険に加入する為のお手伝いをすること」だけではなく、

保険で救える“いのち”があること。を一人でも多くの方にお伝えしていくこと。

怪我や病気をしてしまった時に、お金の心配をしないで治療を受けてもらうこと。

お金の心配をしないで安心して療養してもらうこと。

治療費を稼ぐために生きる人を一人でも多く減らすこと。

そして保険に迷いが生じた時に本音で相談できる人が近くにい人を増やすこと。

ご縁をいただいた方が、もし何かあった時は直ぐに

名前を思い出していただけますように。

お客様の人生に寄り添い、保険を通して少しでも経済的・精神的な支えになれる存在でありたい。

一人でも多くの人に笑って生活して頂けるよう、私だからできるサポートをさせていただく為の

仕事なのだと。

どうか、あなたが

もちろん、保険はお付き合いで無理して入るものではないし、

今の生活を圧迫してまで継続するのもではないと思ってます。

大切なお客様が、何もなく当たり前の毎日を過ごせますように。

もしもの時は、あの時のりんちゃんのように

「保険をやめようかなと思ったとき、本音で相談にのってくれて本当に、本当にありがとう!」と言ってもらえますように。

一人でも多くの方の人生に寄り添い、不安な想いをしないで済みますように。

私の仕事は“保険で救える命がある”ことを一人でも多くの方に伝え、心配や不安を一人で抱え込まずに、少しでも分けていただける仕事なのではないかと今は感じています。

保険の仕事をしている山田ではなく、「山田に出会えて良かったよ」と笑顔になって頂けるように

1人の人として、あなたを支えていけるような人になりたいと思っています。

ご縁があったお客様や出会ったすべての方が笑顔で過ごせますように。

生命保険の山田章記子

相談お問い合わせ先
09029662898

山田さんのLINE
@epa3208I

メールアドレス
untresoryz5282270@gmail.com

活動エリアは
埼玉県本庄市・東京