茨城県筑西市つくば市の生命保険の相談ならFPパートナーの岡部さん

ハガキ1枚で案内は失礼!お金返してよ!

こんにちは生命保険営業の岡部好美です。

今日は私が何故、お客様が怪我や病気で大変な時に、すぐに駆け付ける仕事をしているかを聞いて下さい。

それは、私の大好き洋子さんから頂いた言葉にあります。

洋子さんに会うまで、私の仕事は保険に加入して頂き、何かあった時にお手続きをするだけの仕事だと思っていました。

洋子さんは、20年前に近所の保険屋さんから保険に加入し、その方が退職してから誰も担当者が来ず、更新間近になり手紙だけ届く。

その事に不満を持ってらっしゃいました。

保険の事を考えると悔しくて夜も寝れない!

そんな時に、地区の担当になった私が、はじめてのご挨拶にお伺いした時

洋子さんは私の顔を見るなり、突然

「付き合いで加入して、20年間で払った保険料は2,000万以上なのよ!」

「それなのに前任が退職してから、誰も担当者が来ないわ!

更新の案内もろくにされず、手紙で案内なんて失礼にも程があるわ!」

「保険の事を考えると悔しくて夜も寝れない!

解約したって、まともな金額が返って来ないし。

お金返してよ!絶対に許さないから!」

と怒りに震えて、泣きながら話をされました。

顔も見せない、ハガキ1枚で終わらせる人たちに、何と相談すれば良いの?

凄く悲しそうな表情で、本当のお気持ちを聞かせてくださいました。

『もう何年も保険の担当の人は見てない』

『信じて加入したはいいけど、これ入ってる意味あるの?」

「顔も見せないような、ハガキ1枚で終わらせるような人たちに、何と相談すれば良いの?」

と怒りと、悩みが混ざったような声で私に言います。

私は洋子さんの話を聞いて、自分が洋子さんの立場だったら…。

もし、私の両親や大事な友人が、洋子さんと同じ状況だったら…。

そう考えると、頭が真っ白になってしまいました。

思わず涙が溢れ膝を着いて、保険の仕事をしている者として申し訳なく謝罪させて頂きました。

私には、ただただ謝る事しかできませんでした。

あなたが悪い訳じゃないんだけどね…

洋子さんはビックリされた様子で

「あなたが悪い訳じゃ無いし、私の為に泣いてくれるなんて、変な人ね…」と、

困った顔をしながら優しく微笑んでくださいました。

その笑顔が忘れられません。

そして私は様子さんに

「当時は、何の為に保障を持たれたのです?」

「当時は、何か心配な事があったのです?」

など、ご加入された時のお気持ちを一生懸命、聞かせていただきました。

今、私にできることは何だろうか?

一生懸命聞かせて頂きました。

その後は、ご家族の事や趣味のお話し、昔のお仕事の話などを沢山聞かせて頂きました。

気づけば、私は色々な話を沢山して下さる洋子さんの事が大好きになっていました。

嬉しいことに、今では月に一度は必ず連絡を下さいます。

玄関先、庭先でしてくれたお話

それからも、私に色々なことを教えてくださいました。

「美味しい白菜を育てるには、肥料から拘って、手を掛けないとダメなのよ」

「美味しいタクアンの漬物を作るには、麹で漬けるのがポイントなの」

と美味しいお野菜の作り方、レシピも教えて下さりました。

その他にも「お家を建てる時には、窓の大きさや、リビングの広さは何度も担当者さんと話をしたわ。

岡部さんも、良い担当者を探さないとダメよ!」

と洋子さんのお家の担当者さんを紹介して下さりました。

沢山沢山、色々な話をしてくださいました。

とても、楽しい時間を過ごさせてくださいました。

保険の担当者とお客様では無く、岡部という人間と洋子さんという人、人と人のお付き合いしてくださいました。

あの言葉はもう聞きたくない

洋子さんは私に対して、ニコニコと接してくださいます。

それが本当にありがたく、嬉しいことです。

この出来事を思い返し、私はこう思いました。

『信じて加入したはいいけど、もう何年も保険の担当の人は見てない。」

「沢山、保険料を払ってるのにハガキ1枚で案内なんて失礼」

「お金返してよ」

信じてくださった方に、この言葉は絶対に言わせてはいけないと。

そして、無理をして保険は入るものでは無いと思います。

今の生活を圧迫してまで入るのも違うとも思っています。

だから、私は

私の仕事は「単に保険を説明しご契約を頂く」ことではなく、ましてや不愉快な思いをさせる事でも無く

何かあった時に直ぐに名前を思い出して頂き、岡部が担当だから安心出来ると言って頂くこと。

「あなたが来てくれて良かった。」と悲しそうな顔、怒っている顔を笑顔にすること。

「こういう場合はどうしたら良いの?」と、1人で不安に思っている方へ寄り添うこと。

『知識がないから、信じてしまうのよね』

『でも、信頼してたから、この人になら加入しよう、と思って…』

と悩む方を1人でも減らすこと。

お客様ご本人にも、その方の愛する大切な家族皆さんにも、何かあった時

安心して笑って暮らしていけるよう、私だからできるサポートをさせて頂くための仕事なのだと。

どうか、あなたが

せっかくのご縁を頂いた方や、大切なお客様が穏やかに毎日を過ごせますように。

保険の仕事以外でも「助かったよ、ありがとう」と言ってもらえますように。

その想いを大切にしていきたいと思っています。

これからも、1人1人のお客様から担当者としてだけでは無く

「あなたに出会えて良かった」と心から言って頂けるように、素敵なご縁を大切にして参りたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

生命保険の岡部好美

相談お問い合わせ先
080-4206-7411

岡部さんのLINE

monokuromary

メールアドレス
okabe.yoshimi@fpp.jp


株式会社FPパートナー
茨城支社
〒305-0821
茨城県つくば市春日2-33-6 春日ビル2F

活動エリア
主な活動地区 筑西市、つくば市、水戸市、ひたちなか市 その他茨城県、栃木県全域